ベベルギア&シャフトがメカニカルであり、アイコンにもなっているW650。
空冷エンジンの造詣はやっぱり格好いいですね(*≧∪≦)
今回はパワーアップ(ボアアップ)のご相談を頂きました。
いくつかのメニューをご提案してオーダーを頂きました。


作業開始です。 エンジン単体で作業できるように、マフラーやキャブレターなど外していきます。
P1160127.jpg

ヘッドカバーをはぐり、どんどん分解していきます。 
Wはエンジン下ろさなくて良いから比較j的スムーズに作業が進みます。
P1160130.jpg

ヘッド、シリンダーが外れました。
今回はスタッドボルトの電食(固着)もなく、作業ピッチが早いです。
酷いのになると切断するものもあるので.......
P1160136.jpg

新しいピストンを組んでいきます。 
なんでもそうですが新しいのは気持ちが良いですね。完成が待ち遠しいです(」*´∇`)」
P1170138.jpg

シリンダーをはめて一段落です。 W800化まであと少しです!
P1170145.jpg

ヘッドを乗せてバルブクリアランスを調整してほぼエンジンは完成です。
P1180157.jpg

キャブレターをはめる前にインシュレーターは交換します。
結構ひび割れや、酷いのになると裂けて二次エア吸いまくりな車両もあります。
エンジンがよくストールしたりしている車両は要チェックです。
P1180159.jpg

組み込み完成後です。
まだ慣らしが出来ていないのでキャブセッティングは行っていません。
IMGP0687.jpg

試乗した感じでは低回転からのドンとくるトルクフィールはノーマルのW650とは異質ですね。
これは面白いですねぇ。 早く慣らし後にセッティングしたいです!
T様 有難う御座いました。
IMGP0661.jpg
 W650  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)