FC2ブログ

記事一覧

CB1300 インジェクションセッティング

ホンダCB1300 ラピッドバイク(サブコン)によるインジェクションセッティング、カスタマイズ及び全面的なメンテナンスのご依頼です。
今回は既に某社のサブコンらしきモノが装着されていましたが、今後の発展のためにラピッドバイクへコンバートしました。
まずは持ち込まれた状態でシャーシダイナモにかけてチェックしました。


ラピッドバイク(サブコン)本体はシート下にインストールしました。
デフォルトで設定されているマップでちょっと試乗してきましたが、持ち込まれた状態とでは全然比較にならないほどいい感じです。
これはインジェクションセッティングをすればもっと良くなるなぁ…楽しみです!
IMGP0113.jpg

セッティング作業の前にデフォルトで設定されている内容を確認すると、マップデーターが二つで設定されていました。
1-4と2-3で燃調セッティングが違うためのようです。 なので、#2のフロントパイプにO2センサーボスを増設しました。
A/Fは二箇所で測定してセッティングを行います。
PB110030.jpg

セッティング完了です。
ブルーのラインはセッティング前で、メーカー出荷時(ラピッドバイク)に設定されているマップでの測定です。
レッドラインはセッティング後です。 全体的にパワー、トルク共に一段乗っているのが確認できます。
データー的には少しの上乗せにしか見えませんが、試乗してみるとアクセルに付いてくるリニアなフィーリングや全閉時からフルスロットルにした際の付きなど、乗りやすさが一段とよくなりました。データだけでは判断出来ない部分ですね。
od-pw.jpg

今回のカスタムメニューでは、ラピッドバイク(サブコン)でのセッティングの他に、ホイール・リアサスペンション・スプロケ・チェーン等の交換の他、グリップヒーターの装着もご依頼頂きました。
IMGP0083.jpg

ホイールはマルケジーニM10S-KONPE/Evoをセレクトされました。
スプロケはZAM。D.I.Dのゴールドチェーンです。
軽量ホイールとチェーン交換によるフリクション軽減は軽快なハンドリングと極低速時や引き回しがとても扱いやすくなりますね。
また、バネ下重量も軽くなるためサスペンションの動きが良くなりますね。
IMGP0112.jpg
IMGP0091.jpg

リアサスペンションはオーリンズ【S36リアショックアブソーバー】に変更しました。
オーナー様に合せて車高等の設定を少し変更しました。100kmほど走行してからさらにセッティングしていきます。
IMGP0093.jpg

オーナー様は冬場もガンガン走るのでグリップヒーターの装着もご依頼頂きました。
コントローラーのブラケットはアルミビレットからワンオフで削り出しました。
IMGP0095.jpg

気持ちよく走れるCBをコンセプトに掲げ、派手ではありませんが効果や体感が確実に出来きるパーツで構成されたました。
テスト走行では、低中速から全域にかけて力強くグイグイと車体を押し出していく感じはサブコンセッティングならではのフィーリングです。 
フロントサスペンションはノーマルですが、軽量ホイールへと変更したため、低速時の切り替えしも軽く、運動性が向上しました。
リアはオーリンズに換装しましたので、当然ですがアクセル開閉での旋回性能がノーマルとは桁違いによくなっています。
大柄なCBが軽快にコーナーリングを抜けて走る様は、操ってる感があって格好良いですね!
IMGP0105.jpg

オーナー様に引渡した後、数日後ご感想をお伺いしますと、軽快なハンドリングとエンジンレスポンスが凄くよくなって乗っていてとても気持ちが良いとのお声を頂戴いたしました。
燃費もリッター当たり1.5~1.7倍に向上(ツーリング値)したのとご報告を受けています。
トップエンドでの伸びがちょっと....との事でしたので、次回お越しの際にちょっとセッティングを変更してみます。
O様 有難う御座いました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント