栃木県宇都宮市からお越し頂きましたN様のW800.
サブコン(ラピッドバイク)の取り付けとセッティングをご依頼頂きました。
エキゾーストシステムはBEETキャプトンに変更されています。
P9290115.jpg

ラピッドバイク(サブコン)の取り付け作業とスロットルポジションの設定など行った後、シャーシダイナモにてA/Fを計測しながらセッティングしていきます。 
作業時に気が付いたのですが、オプションで取り付けられていましたインジェクションカバー(左側)が足があたったのか内側に巻き込むようになっており、サブスロットルのリンク部と接触しており、動きが妨げられていました。
同様のパーツを装着されいるかたは点検しておきましょう
P9290110.jpg

セッティング完了いたしました。
ブルーラインはセッティング前
レッドラインはセッティング後です。
ノーマル車両との比較ではなく、この車両での比較となります。
上部はパワーカーブ、下はトルクカーブです。
全域に渡りパワーが上乗せされているのが分かります。
セッティング後に試乗してみましたが、あきらかに作業前と違います。
タルグリップが装着されていたのですが、フルスロットルの際に手が離れそうになり、ちょっと焦りました
その位ハッキリと違いが分かる仕上がりです。
nakayama-w800-pw.jpg

ラピッドバイク本体はシート下に取り付けました。
スポンジをカットしてベットにしています。
フレームとの間にチラッと見えるスイッチはマップ切り替え用です。
セッティングデーターまたはノーマルへ切り替えが可能です。
普段は使わないのでシート下にセットしました。
IMGP9767.jpg

マフラーはBEETナサートがすでに装着されておりました。 
インジェクションボディのサイドにオプションカバーが付いています。カワサキ純正OPではありません。
IMGP9765.jpg

前後ショートフェンダーなど、オーナー様の個性が光る一台に仕上がっていますね。
今回はサブコンによるインジェクションセッティングをお手伝いさせて頂きました。
オーナー様にも試乗して頂き、ご感想をお聞きしましたところ、あまりの違いにとても驚かれておりました。
セッティング前はアフターファイヤーや、思っていたより低速トルクが無いのでそれらをなんとか出来ないかと調べられて当店に辿りついたようです。 とても喜んで頂けて何よりです。
N様 ありがとうございました。
IMGP9763.jpg

 W800  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)