ZZR1100D エンジンオーバーホール
ご来店の際に細かい内容をご相談させて頂き、オーバーホールはパワーチェック後に判断しましょうと言うことに。
まずはパワーチェックしてみました。
クラッチに滑りが出ており、正確なデーターが取れません。


交換するクラッチ部品です。
滑りが出ていてはデーターとれませんね
P3080016.jpg

クラッチの組み込みが完了しました。
再度シャーシダイナモでテストしてみます。
P3080018.jpg

シャーシダイナモでテストしましたところ、パワー的には特に問題ない感じでした。
データーをお見せしてお客様にご報告したところ、まだまだこの先も乗って行きたいので越上だけでもオーバーホールをお願いしたい!とのことでしたので早速ヘッドを剥ぐって作業開始!
P3120021.jpg


P3120026.jpg
P3120031.jpg

ヘッド、シリンダーとばらしていくと...
あれ?なんか欠けてる?...
#1のピストンスカートが欠けてしまっています
P3120033.jpg

欠けてしまったピストン。
ピストンにある縦傷からみるとクリアランスかガスが薄いのかが怪しいです。
早速、お客様に連絡してどう対処するかご相談です。
もちろん破片はケース内に落ちているのでギアなどに噛みこんでしまったら最悪です。
P3120046.jpg

エンジンは下ろして越下もオーバーホールすることになりました。
P3160032.jpg

どんどんばらしていきますが、肝心の欠片が出てきません。どこに隠れているのか。
P3160039.jpg

とうとうミッションまで着ましたが欠片は出てきません。
おそらく既に粉砕したと思われます。
それと欠けた原因はエンジンコンディショナーなどの異常量添加かと思われます。
思い当たる方、結構いるのではないでしょうか? 入れすぎにご注意ください。
P3160041.jpg

オーバーホールついでにピストンはワイセコのオーバーサイズへ変更です。
ボーリング加工が必要ですので、戻ってくる間に他の作業を進めます。
P4160025.jpg

クランクは計測台にて振れを測定します。
規定値で問題ないですね。
P3170031.jpg

コンロッドも重量を測り、全て同じ値になるように加工します。
P3250018.jpg

ヘッド廻りの洗浄も終わり、バルブを組み込んだ状態。
P4160018.jpg

シフトフォーク 右が新品です。
カニ爪の先端部に磨耗が見られます。
P4150032.jpg

腰下廻りも分解清掃、測定と作業が終了しましたのでケースに組み込んでいきます。
P4150030.jpg

下側ケースをかぶせて反転。
シリンダーが戻り次第作業再開です。
P4150035.jpg

シリンダーが加工から戻ってくるまで少し時間が空くので、エンジンとは別にご依頼されている修理に取り掛かります。
メインフレーム(サイドカウル)止め部のネジがつぶれてしまっています。
ZZRではよくある修理ですね。 また、転倒してヒットすると凹んでしまう部分でもあります。
P3010027.jpg

ボーリング加工からシリンダーが戻ってきましたので作業再開です。
P4160028.jpg

ヘッドも組み込んでカバーをかぶせればとりあえず完成です。
P4160032.jpg

慣らしが終了しましたらパワーチェックしてみましょう。
IMGP3635.jpg
 修理  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)