2013年モデル Ninja250の試乗開始です。
午前中の早い時間からお客様がご来店です。
早速、前Ninja250RオーナーのS様が乗ります。 
S様には試乗レポートをお願いしました。
一番下に掲載しております。


Ninja250Rのインジェクションコントローラーの調整でお越しのI様も試乗です。
PICT7601.jpg

これまた前Ninja250RオーナーのK様も試乗です。
PICT7604.jpg

発表前から何度かご来店のH様、お待たせ致しました。テストライド開始です!
PICT7615.jpg

最後はアッキーニャ! 絶賛されておりました。買ってちょ♪
PICT7581.jpg

S様の試乗レポート

NEW Ninja250の試乗レポートを提出します。
MSセーリングさんから「試乗車の準備が出来ました。」と連絡をもらい軽い気持ちで試乗にお店に行き、試乗申し込みをしました。
早速バイクに跨りスタートしようとしたら、「試乗レポート書いて下さい。」とお達しが・・・
「あー文才の無い私が試乗レポート?」出かける前からプレッシャー(笑)
現在私の愛車は初期型Ninja250Rです。
自分の旧型モデルとの比較で感じたことをレポートします。
あくまでも自分のバイクと感じた差なのですが、参考になればと思います。
自分のNinja25RはBEETフルエキ+パワーコマンダー3+オーリンズリアショックにBSハイグリップラジアルタイヤ装着(リア140)と軽いカスタムをしてあります。
さて、NEW Ninja250の実力はいかがなものか?
エンジンを掛け、アイドリングは旧型モデルとあまり変わりがない感じです。
軽くアクセルを開けると明らかにレスポンスが早いです。これは中低速時のエンブレの回転合わせが旧型モデルに比べ非常に良いので乗ってて楽しくなります。
そしてクラッチを切り1速に入れます。コレがまた心地よく入り変速ショックがほとんど有りませんでした。
クラッチのつながりは特に変わった感じはありませんでした。
京葉道路(高速)に入り各ギア4000rpm~レッドゾーンまで引っ張ってみました。
全域でレスポンスアップしています。さすがに大排気量の様にアクセル開けたら「ドカーン」って加速はありませんが、全開に出来る楽しさ感はさらにアップしてる感じです。
後思ったのが、ノーマルマフラーの音が結構良い事です。流石に4000rpm以下ではバタバタ音なのですが、それ以上はマルチの音とは違いますが、かなり良い音で乗っていいて楽しかったです。
でもアフターパーツも付けてみたいかな。
市川インターから武石インターを往復で試乗が終わりで、峠とか走ってないので、コーナーリングフィーリング迄は分かりませんが、インターの出入り時に感じたコーナー進入からの倒し込みの時の安定感は旧モデルより安心感がありました。これはリアタイヤのサイズアップのノーマルタイヤの進化の恩恵かもしれませんね。
それからミラーの視認性も良くなったと思います。
メーター廻りの視認性、操作性は人それぞれだと思いますが、自分は特に不安ありませんでした。
ツーリングでの荷物どうしようかなっていうのが悩みですね。旧モデルはキャリアが数社から出ていて、私はリアケースを付けてツーリングに行っていましたが、NEW Ninjaは・・・
オプションのリアシートに付けるバックも見た目は良さそうでしたが、あまり物が入りそうにも無いし・・・
キャリアは付けるのがかなり難しそうです。キャリメーカーさん頑張って開発してください。
まとまりの無い文章でしたが、NEW Ninja購入を考えている方々の参考になればと思います。
今のNinjaもかなりお気に入りなのでどうしようかな(笑)













コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)