FC2ブログ

記事一覧

ZZR1200 フロントキャリパオーバーホール

今回の患者さんはZZR1200です。 フロントブレーキの引きずりがあるとの事で点検しました。
見る限り整備していなさそうなブレーキですw
PICT6452.jpg
まずは取り外してチェックしてみます。

PICT6457.jpg
うーん。汚いですw パッド残量は半分くらいです。脇から見えるピストンがまさに固着を感じさせる仕上がりを予感させます。爆w

PICT6478.jpg
まずは二つに割ってキャリパピストンツールを使ってピストンを取り外します。 ピストンシールも当然取り外しますよ。

PICT6488.jpg
キャリパ分解状態です。 

PICT6499.jpg
ピストンに傷などがないかチェック。 今回は問題ないレベルだったので、表面を磨くレベルでバフ仕上げします。汚れを取る程度です。 注意!あまり強く磨きすぎると削れて凹みができてしまう場合があります。さらっとです。

PICT6539.jpg
Before After です。 その差歴然ですw 右の状態では、ピストンもキレイに動いてくれないですよね。

PICT6514.jpg
パッドピンも同様にバフで軽く磨きます。パッドピンは曲がりや凹みがある場合は新品に交換です。

PICT6523.jpg
新品のようにキレイになったピストンを同じく清掃したキャリパボディに組み付けていきます。シールは新品に交換しました。

PICT6529.jpg
おお!まるで新品のようです。  ブレーキは重要保安部品ですので、素人さんは絶対に分解したりしたらダメですよw  


PICT6508.jpg
作業も終盤にかかります。 新品のブレーキパッドを面取りして組み付けていきます。

PICT6534.jpg
一連の作業が完了したらフォークに取り付け。トルクレンチを使って規定トルクで締め付けます。
最後にブレーキホースを取り付けて、エア抜きも忘れずに。 引き回しも軽くなり、ブレーキフィーリングもよくなりました。 車検目安でのOHだけでなく、通勤通学とかで使ってる人は必然的に距離も伸びがちです。チェーンの調整やちょっとした整備で後々の経費の掛かり方が違ってきます。 チェーンなんかはダルダルで走ってる人をたまに見かけますが、もし走行中に切れてかみこんで後輪がロックとかしちゃったらどーすんの?って他人ごとながら心配しちゃいます。 心あたりのあるかたは、すぐに点検しましょうww 営業かよ!って?ww 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント