PICT2397.jpg
チタンマフラーのエキパイにO2センサー用のアダプターを溶接加工します。
今回は純正でO2センサーが装備されている機種のものなので、アフターマーケットマフラーにも純正O2センサーのアダプターが取り付けられていました。じゃぁそれ使えばいいじゃん!と思いますよね。
パワーコマンダーの拡張ユニットのひとつにオートチューンなるモノがあります。これに使用するO2センサーとサイズが異なるため、違うサイズのアダプターを取り付けます。
P6242154.jpg

純正O2センサーと同じ位置にオートチューンのセンサーを取り付けるため、ノーマルサイズのボスアダプターを削ってしまいます。削る大きさに注意が必要です。
P6242158.jpg

ノーマルサイズのボスを削り、新たに取り付けるチタンボスをクランプを使って位置決め。溶接機を使用して点付けを行います。その後はボスの周りを溶接して完成です。
P6242159.jpg

オートチューンのセンサーは使わないときは取り外してしまいます。取り外したときはメクラボルトで排気モレしないように塞ぎます。
PICT2396.jpg
PICT2397.jpg

O2センサーボスはチタンとステンレスがあります。今回使用したのはチタンボスです。
溶接加工も承っていますのでご用の方はお気軽にご相談下さい。
PICT2403.jpg



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)