スタック(STACK)というメーターをご存知でしょうか?
電気式ステッピングメーターで、機種によって様々な機能を兼ね備えたメーターです。

今回はこのスタックのST200というタコメーターをゼファー1100へ取付のオーダーです。
存在自体は知っていたのですが扱ったことはなく、全くの未開の地です。

まずはネットで色々と情報を収集しました。
取付るのにもどのようになるか・・
どこぞのHPに寸法表がありましたので、先にメーターケースを取り寄せて、メーターが納まるか検証しました。
stack2.jpg

検証の結果、なんとかギリギリ入る可能性が大だと判断し、メーターを取り寄せました。
このメーターはピークホールド機能や別売りのシフトランプを用意すれば、任意に設定しいたタイミングでランプを点灯させたり出来ます。
この時点では、ちょっと心配でしたがダメなら別の方法を考えようと腹をきめましたw
stack1.jpg

メーターケースの中や裏をメーターが入るように邪魔な部分はカットしてなんとか収まりました。
メーター本体の重量のあるので、強度も考えつつ削りこみました。
stack3.jpg

メーター裏側です。ケースのエッジ部分とセンターボルトの取り付けステーを使って固定しました。
ケースとメーターの密着度を上げるため、薄めのスポンジをかませてあります。
stack4.jpg

ゼファー1100の場合、ノーマルのタコメーターにニュートラルランプと油圧警告灯があるので、それらを取り付けるために、キーシリンダーの下部分にアルミ削り出しのケースを制作しました。
stack5.jpg

拡大。インジケーターランプはLEDです。 右から油圧警告灯、ニュートラルランプ、シフトランプ。
一番左のボタンはメーターを設定する際に使うスイッチです。
stack8.jpg

ケースに綺麗に収まりました。 レスポンス良く動くメーターはレースチックでかっちょええですね。Fさんw
stack6.jpg

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)