インジェクション搭載車輌の燃調コントローラーの大御所wともいえるパワーコマンダーの新型モデルが遂に登場しました。 
PICT4209.jpg

今回のリニューアルによって、本体の大きさがスマートになり、最近のスーパースポーツモデルなので搭載スペースの狭いマシンにもインストールがしやすくなりました。 また、コネクターカプラーも小さくなり、配線の処理も楽になったようです。まだ装着していないので、その辺の話はまた今度ね
PICT4213.jpg

従来品との比較。 メーカーHPによると占有体積で約54%ダウンと、ダイエットに成功していますね
PICT4218.jpg

O2センサーコントローラーです。 O2センサーこれでコントロールしないと、補正したデーターに対してさらにノーマルのECUが補正をかけてしまうので、燃調が定まらなくなります。 
PICT4222.jpg

従来のパワコマより追加機能として、本体に2つのマップデーターを保存することができ、別売のスイッチでその2つのマップを切り替えることができます。 燃調の変更範囲も拡大されています。 オプションの Auto tune module と接続することで、あらかじめ設定したA/F値(エアフロ)にマップデーターが自動で書き換えられるようです。 これで、走りながら自分でA/Fを測定しながらのセッティングも可能になったようです。 走るシャーシダイナモと言ったところでしょうか?w
PICT4230.jpg

今後、このパワコマⅤは色々と検証していきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)