サムブレーキ仕様のゼファーχが完成しました。
PICT8156.jpg
各部品のアルマイト処理やバンパーの再メッキ処理などが出来上がると、それを再度組み付けして調整して完成しました。 その後、教習所へ持ち込みました。 今回、お世話になった教習所は小山ドライビングスクールさんです。 障がいを持ってる方でも安心して教習を受けることのできる公認教習所です。 手話教習プログラムや障がい教習プログラムなど、積極的に福祉問題に取り組んでいる教習所です。 
PICT8168.jpg
あらかじめ日時を打ち合わせして車両を持ち込みました。 今回の車両の扱い方をレクチャーして、実際に教官がその車両で練習をするそうです。 教官が運転できない車両では、教習生に教えるこはできませんからね。 やはりそこはプロフェッショナル!軽々と乗りこなしてました。 今までもこのようなサムブレーキの車両など特殊な車両を多数乗ってきてる訳ですからね。 
PICT8143.jpg
完成したサムブレーキ。 レバーも幅広に加工したので、親指の操作も慣れれば簡単です。
PICT8138.jpg
ステッププレートも装着完了です。 バンパーも装着してこれでばっちりと教習が受けられます。
バンパーを装着するには、メインフレーム取付ステーが当然ありませんので、これも部材を切り出して、メインフレームに溶接加工を施しました。 バンパー自体もゼファー用はありませんので、ZRX400教習車用を切ったり曲げたりして溶接加工しました。 違和感なく装着できてると自負していますww

このサムブレーキ仕様ゼファーχ の製作依頼を頂いたお客様は、車両を持ち込んだ日が入所日で、初バイクライフの第一歩を歩みだしました。  その後は順調に教習をこなし、数時間のオーバータイムもあったようですが、先日無事に卒業検定に受かったようです! おめでとうございます  

この車両は教習終了後、当社に再入庫され、練習中に壊してしまった部分などを補修、整備をして公道デビューとなります。  車両製作の打ち合わせや教習所めぐり、公安とのやりとり。全てが初めてで右も左もわからない状況下でも諦めずに夢を叶えたHさんに拍手! やったね!

今回のように、特殊な車両製作や部品製作なども当社では行っておりますので、もしお困りの方がいましたら、お気軽にご相談ください。 

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)